身体にいいもの?

私の子供は少し変わっています。
周りの子供たちはクッキーだったりチョコレートだったりと、甘いお菓子が大好きですよね。
和菓子より洋菓子が子供たちのおやつとして取り入れられている時代です。

でもそんな時代にまだまだ古風な子供っているものですよ…。
明日のお弁当は何がいい?と聞くと「お漬物はいれてね、ちゃんと。」と言うんです。
お漬物って!!っと思いますよね、毎日家で食べるご飯の後も温かいお茶と漬物をポリポリと食べて一息ついている姿を見ると、旦那よりもおっさん化しているように感じます。

息子はまだ6歳ですが、祖父母の家が近いことから自家製の梅干しや漬物、そして干し柿などいわゆるおじいちゃんとおばあちゃんが好む天然素材の食品が大好きなのです。

もちろん天然素材は身体にいいから文句いうなよ…といわれるのは承知していますが、梅干しなんかは塩分が高く干し柿も甘すぎて糖分の摂り過ぎなんじゃないかということが心配なのです。
今までは一日にこれだけ!と決めていたのと、食の量もそこまで多くなかったので大丈夫だろうと思っていたんですね。

でも息子は悪知恵が働き、爪楊枝をもっては冷蔵庫の中の梅干しや干し柿、漬物を拝借するようになったのです。
で、本当に健康に悪いのであればやめさせないと…と思い調べてみたんです。

きちんと知識をもっておくだけで、その食品の良さって更に認識することができるんですね!
今まで昔のものであっても塩分が…糖分が…といいイメージをもっていなかったのですが、実際には健康には必要不可欠な成分を含む子供の成長を高めるためにも必要なものだったのです。

干し柿や梅干しなどは乾燥させることで元の食材の風味以上を引き立ててくれるといわれています。
乾燥や漬け込む方法で、もたらされる影響力について知識を蓄えておきましょう。

イチ押しリンク

Calendar

2014年4月
     
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930